感想

書評ブログです

『地球星人』村田沙耶香

芥川賞作家 村田沙耶香『地球星人』

 

こんにちぷにぷにっ。どうも、りょうごくらむだです!YouTuberのふくれなちゃんがだぁいすきだわんわん!今日は村田沙耶香の新作『地球星人』の感想を書きたいと思います。なんか七十歳の評論おじさんみたいな硬い文章になってる(いい意味!!!!!で!!!うそ!!わかんない!!!いいとこもわるいとこもあるよね!!)けどゆるして…。最後らへんはぷにぷにだよ。では行きませう。

 

地球星人

地球星人

 

 

 

あらすじ

小学六年生の夏に性暴力を受けて、奈月の身体は故障した。母と姉に虐待される生活のなか、唯一の味方であるいとこの由宇と「なにがあっても生き延びること」を誓いあい恋人同士となるが、ある事件をきっかけに引き離されてしまう。

22年後、34歳の奈月は性的関係を結ばないことを条件に人嫌いの智臣と結婚し、ルームシェアのような同居生活を送っていた。しかしその平和な生活は、二人に「地球星人としての夫婦生活」を強いる親類縁者により破壊されてしまう。

奈月と智臣は、長野の限界集落へ逃れ、いとこの由宇も引き入れて、異星人として生きていくことを選択する。

 

感想(ネタバレ注意)

主人公の奈月は、世の中を「地球星人」の運営する「人間工場」として見ている。彼女の目には「宇宙人の目」が備わっているとされる。翻訳するとこれは「常識を脱ぎ捨てた目」、「赤ん坊の目」つまり哲学者や民俗学者の目のことであるとわたしはおもう。

奈月は小学生のころから、周囲をよく見ている。自分を虐待し、家庭の支配者のようにふるまう母や姉が、じつは学校や職場では疎外された存在であることを知っている。その観察眼の視野はひろく透きとおっている。

さらに奈月には抑えの効いた自己批判精神がある。「地球になじめない」ことを他者のせいにはしない。自分自身が「地球星人の洗脳をきちんと受けられない」ためにそうなのだと独白する。〝私の子宮も、夫の精巣も、きっと私たちのものではないのだろう。それなら、早く脳まで洗脳してほしい。〟そう考える奈月にナルシシズムは感じられない。だが読者には、この悟りがむしろ悲しく冷えてみえるだろう。はやくその独自性でこの世界を改革してくれと思ってしまう。いとこの由宇も同じで、「人間工場」になじめず、なじもうとしながら生き延びてきた。彼が身に着けた「常識」は、彼を安心させる。〝常識は伝染病なので、自分一人で発生させ続けることは難しい。〟そして、〝常識に守られると、人は誰かを裁くようになる。〟悟った奈月と、奈月を社会常識で裁く由宇。読者はしだいにモヤモヤしはじめる。これらのフラストレーションを解消してくれるのが、奈月の夫・智臣の言動である。滑稽で愛らしいキャラクターとしてデザインされている智臣は、奈月とは反対に、世の中に迎合することを極端に嫌っている。

〝「何で僕が、僕であることを(他者に)許されなければいけないんだ。まっぴらだ!」〟〝「本当に怖いのは、世界に喋らされている言葉を、自分の言葉だと思ってしまうことだ。」〟など、はっとさせられる名言をいくつも放つ。

 

また、「社会常識というウイルスに侵された人間は、人を裁く」というテーマが描かれるもうひとつの重要な場面がある。

奈月が性暴力被害者であると親友に打ち明けたときのことを、思い返すシーンである。その親友は、伊賀崎先生がイケメン青年だったことを理由に奈月の性暴力被害は「妄想だ」として、むしろ奈月を責めた。

以前ジャニーズの一員により起きた「女子高生強制わいせつ事件」を顧みれば、同等のことが起きていたのだとわかる。『イケメンにいきなりキスされてもいいじゃん』というおぞましい「社会常識」が、性暴力被害者を生み出しつづけているのである。

智臣が最初に近親相姦(強姦)をすると宣言したとき、由宇はあわてて止めたが、奈月は〝「そんなことは、目に見えないだけで、世界中で起きていることだよ。それがまた起こる。それだけのことだよ」〟という。この「一般化」は、心的外傷を和らげる方法として手っ取り早い応急処置である。ここにも奈月の葛藤の一端があらわれている。

〝世界は恋をするシステムになっている。恋ができない人間は、恋に近い行為をやらされるシステムになっている〟。この社会システムの犠牲になった奈月のような人間は、読者が想像しているよりはるかに多いだろう。そしてこの犠牲者たちが、いまは少数だろうが、いつかシステムは転覆させ、新たな世界を創造するのかもしれない。

 

いまの地球星人は「人間工場」において、働く道具と産む道具を製作しつづけている。社会常識は、工場運営の効率化のためのウイルスに過ぎない。そのウイルスは大衆に素早く伝染して、他者を裁かせ、犠牲者を量産する。

洗脳を受け入れてあるていど楽に生きるか、それともポハピピンポボピア星人になって真に生きる道を手に入れるか?

現実世界でも、この2つのうちどちらかを選ぶことができるだろう。なぜなら作中における長野県秋級の限界集落と同様、人間のいなくなった「工場跡地」がいまやあちこちに存在するので、ポハピピンポボピア星人が台頭しやすい環境が整いだしているのだから。

地球星人は常に「宇宙人の目」で見られていることを意識したほうがいい。そして、ある場合にはこの「宇宙人の目」を自分自身にダウンロードし、世の中を見回すことが必要なのだ。社会システムの犠牲者を増やさないためには、なおさらこの目が要るだろう。

 

 

☆おまけポイント

〝千葉の家だと小さなハエが入って来ただけで大騒ぎなのに、母や姉もおばあちゃんの家ではいちいち騒ぐことは無い〟など、都市と田舎の家のちがいが一文で表現されていて、さすがと思う。ほんとそうだよね!! また、土葬、数珠回し、送り火、お蚕様などの文化、おやき、すいこなどの食文化も随所に登場しほんのりとした郷愁を誘います。

 

村田沙耶香のおすすめ作品はーと

(さやかのさは、さんずいの沙!)

『地球星人』は、村田沙耶香の他の作品『殺人出産(『トリプル収録)』コンビニ人間』を足して、さらにパワーアップした感じのお話でした。あと『ギンイロノウタ』もですね。村田沙耶香さんは講談社の新人文学賞群像新人賞」でデビュー。デビュー作『授乳』につづき『マウス』を講談社から出しています。新潮社で『ギンイロノウタ』を出した後、講談社から『星が吸う水』を出版。もうこれぜんぶ傑作ですよん。ほへえ、『消滅世界は河出、コンビニ人間』は文藝春秋なのですね。(ういきぺでいあ見てる)

ところで、なんでもランキング化する頭の悪い私がふたたびランキングするです。まあこのランキングでわたしの偏愛傾向がわかるんちゃう。

1位『授乳』2位『星が吸う水(ガマズミ航海』)』3位『消滅世界』4位『地球星人』←NEW!5位『殺人出産(『トリプル』ほか)』6位『マウス』7位『コンビニ人間』8位『ギンイロノウタ』9位『しろいろの街の、その骨の体温の』

ダイマノトビラとハコブネは未読でありまする。ちなみに、人におすすめするならNO1は確実に『マウス』!!!!実際におすすめしとるます。『コンビニ人間』はだいたいみんな読んでるのでね。

 

 

マウス (講談社文庫)

マウス (講談社文庫)

 

 小学五年生の主人公が、浮いた存在のクラスメイトに出会い人生を変える物語。人間工場のすみに身を隠す奈月と、人間工場に抗う智臣との対照に似ている。だが『マウス』ではより地球星人の社会常識に沿った物語がつづられているため、より一般的な感覚にうったえ、「きもちよく」読めるはずだぷにぷに。

 

 

つーかこのブログ、コメ欄とじてるせいでマジ鎖国だ――……つらい…