感想

書評ブログです

オトメの帝国

こんにちは。ぷにぷにライターのりょうごくらむだです。

追記:重版おめれとうございます(号泣)2018年11月30日(金)まで150話無料で読めます!♯推しオトメ キャンペーンもやってるよ~! なんと、かおるとマスク先輩の神エピソードが無料で読めるだと…。

というわけで!

本日はジャンプ+で連載中の岸虎次郎『オトメの帝国』(隔週水曜日更新)を紹介するよ。

 

『オトメの帝国』は百合コメディで青春群像劇

『オトメの帝国』は、2010年夏からビジネスジャンプ(のちグランドジャンプ)に連載開始し、2017年秋に少年ジャンプ+に移籍した漫画作品。制服を着た女子高校生たちが主役である。ジャンルは「百合コメディ」。群像劇で、「恋愛、エロ、シリアス、ヒューマンドラマ」なんでもこいのストーリーを魅力的なキャラクター陣が自在に動かしていく。(キャラクター紹介は単行本に載っている。またWikipediaにも一言紹介がずら~っとあるので参照のこと)

※話数の表記ですが、ジャンプ+では「~話」単行本では「~回」となっているので、このエントリでもごちゃ混ぜ状態です。ごめんなさい。たとえば第100話ー第100回は同じ意味です。

Amazonの絵をクリックしてそのままAmazonで購入すると私にAmazonポイントが入るよ。微々たるものだけどね…、私にAmazonポイントを掴ませてたまるかという人は別のブラウザで開いて買ってね。

 

キャラクター紹介とともに、2018年7月12日時点のベストエピソードを独断&偏見でランキングにしてみました。欠けている部分もめっちゃあるので、ご了承ください。

 

オトメの帝国キャラクター紹介はっじまるYO!!!!!!

 

美好と綾乃

オトメの帝国 01 (ヤングジャンプコミックス BJ)

オトメの帝国 01 (ヤングジャンプコミックス BJ)

 

 

 美好(みよし)

向かって右の、髪色の明るい子です。ちゃらちゃらしてるけど優しくてピュアです。中学or高校受験以降は勉強してないようで、言動にアホさがにじみ出ています。でもフェリス女学院とか行きそう。みよしの美を三と間違えるのはあるあるです。

綾乃(あやの)

左の黒髪ロングです。知的で所作も美しいです。美好にガチの恋愛感情を抱いているらしき描写が多々あります。

 

1位 第53話『綾乃はご機嫌ななめ』

綾乃が痴漢された話です。美好の心のやわらかさ、寄り添ってあげる優しい気持ち、それに、守ってあげたいというカッコイイ気概。涙なしには読めません。(4巻収録)

2位 第100話『2人で壁ドン』

綾乃が美好に壁ドン+αします。この回を読むまで(私にとって)美好はネタキャラだったのですが、この回でにゃーしてる美好を見て惚れました。(8巻収録)

3位 第29回『みんなのハロウィン!』

美好がキュートなスカートめくり魔に変身し、綾乃のスカートもめくります。しかし一歩も二歩も先んじていた綾乃はプチ仕返し。ガチでへこむ美好さんと、包容力の綾乃さん。2人のキャラクター性が浮き彫りになった回です。大好きこの回。(2巻収録)

 

ちえとあーちゃん

オトメの帝国 2 (ヤングジャンプコミックス GJ)

オトメの帝国 2 (ヤングジャンプコミックス GJ)

 

 ちえ

おだんご2つの子です。オトメ唯一の関西弁キャラ。周りをよく見ていて、気遣い(気遣いと気づかれないハイレベルな気遣い)のできる優しい子です。胸にコンプレックスを抱えていましたが、あーちゃんのおかげで乗り越えました。お腹のお肉がぽよよんとして、ふとももも一時期のリアル女子高生の感じがこってり乗っかっています。

あーちゃん

ボーイッシュガールです。ピュアで男前なキャラクターで、陸上部の花形選手です。そのため後輩に大人気。ちえの前で見せる、ちょっと子どもっぽい可愛らしさと、後輩たちの前のカッコイイ姿とのギャップが魅力的です。

 

1位 (第114話~)第115話『ふたりの観覧車』

陸上の全国大会で思うような結果が出せなかったあーちゃん。いつものコメディ色を排したリアルな描写にハラハラします。ちえはあーちゃんをどんなふうに慰めるのでしょうか。多くの読者がボロボロ泣いてしまった神エピソードです。(9巻収録)

2位 第4話『“プールの授業話”は、夏のお約束』

絵面的にものすごくエロい回です。でもそれだけではなく、泣けます。女泣きです。胸もお尻も涙もポロリ。ちなみに単行本ではちくびが見られるので、ちえと似たようなお胸をお持ちの女性諸君はよりいっそう泣けちゃうはず。は?誰が乳輪マキシシングルやねん。でもそうです…、コンプレックスです…。(1巻収録)

3位 第48回、第49回『あたしの大事なあなた』前後編

あーちゃんの鞄にぶら下がってたマスコットが気になるちえ。自分からはなかなか訊くことができないちえを見て、美好と綾乃が助け舟を出します。ちえの涙が可愛すぎます。岸虎次郎氏の描く女の子の涙は、読んでいてコッチまで泣けてくるのです。「今日限りをもってウソップ海賊団を!!!解散する!!!!」レベルで泣けてきます。(4巻収録) 

※12巻収録の第149回『秘密のおまじない』とオマケ漫画は必見です。結婚おめでとう。

 

 

ミチルとありぃ 

オトメの帝国 3 (ヤングジャンプコミックス BJ)

オトメの帝国 3 (ヤングジャンプコミックス BJ)

 

 

ミチル

左のベリーショートちゃん。カメラを用いて女子高生をテーマに作品づくりをしています。

ありぃ

右の黒髪ロングです。ぷにぷにボディの不思議ちゃんで「ブルマ・盲腸の手術痕・スクール水着」などにフェティッシュな魅力を感じているらしい。ミチルの写真のモデルでもあります。

1位 第6話『写真の鬼!』

初登場回。ありぃを脱がせて教室で写真撮影をします。これめっちゃうらやましいんだよね。私も彼女を脱がせて写真撮影めたくそ×2したいもん。(1巻収録)

2位 第168話『甘くて苦いありぃ』

バレンタインの日、首筋にバニラエッセンスをつけて、髪をりぼん形に結ったありぃが登場。 ミチルはそんなありぃにムラムラ☆どきどきなのでした。(13巻収録)

3位 第141回『おしりとほっぺ』

おしりに頬をすりすりする回。「うふふっ♪」です。「げへへっ♪」じゃないんです。(11巻収録)

 

美緒と静香先輩 

オトメの帝国 4 (ヤングジャンプコミックス)

オトメの帝国 4 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

美緒(みお)

右の子ふわふわボブ子です。文芸部で詩を書いているだけあって、心の奥に深い湖があるかのような子です。ガチレズもといビアンまたはバイ(パン)だと思います。高校生徒は思えないくらい、しっかりしています。

静香先輩(しずかせんぱい)

なんだか女教師もののAVに出てきそうなお方です。においたつようなエロスを感じます。その魅力と手練手管で美緒を翻弄しますが、じつは過去の恋愛で痛手を負っていて、その経験からくるコンプレックスに先輩自身が翻弄されていたのではないか……と思われます。この人が異性を好きになることはなさそうな気がする私です。

 

1位 第178話『どきどきトレイン』

はい、最新エピソードが神回なんです(※2018年7月11日現在)。エロティックな回なのですが、「なぜか泣いた」という読者コメントが散見されます。私もポロリしました。なにこれ?まじで。神やん??ふああ??(14巻収録予定)

2位 第153話、第154話『いつかきっと 前後編』

かおるへの浮気心で美緒を傷つけてしまった静香先輩。どう落とし前をつけるつもりなのでしょうか。(12巻収録)

3位 第30話『耳ーそれは限りない神秘』

村上春樹の風を感じます。それはさておき、美緒の恋心や実直さが伝わってくる回ですね。「好きな人に触られるからこそ気持ちいい」と言う美緒の、心の芯が強くて自然なさまに惚れます。(3巻収録)

 

 ほのかとエリーシャ

ほのか

左の黒髪の子です。おそらく1、2を争う人気キャラ。漫画愛の強い人、絵が描ける人、BL好きな人は、ほのかの気持ちにぴたーり寄り添って読めるはずです。ジャンプ+のコメント欄をみてみると、「ほのかのオタ具合がリアルすぎる」という旨のコメントであふれています。いつもいつでも作品(BL)のことを考えている姿が可愛いですし、ひねくれている感じも可愛いです。

エリーシャ

 右の金髪の子です。アメリカ・アラバマ州からの留学生で、臍とベロにピアスをつけています。「どうみてもリア充」で、絵がバカうまです。エリーシャの底抜けの明るさ、日本語が母語でないからこそのカラッとしたコミュニケーションとその能力がほのかを救います。あーとうとい。

 

1位 第93話、第95話『みんなでお祭り 前後編』 

ほのかとエリーシャ、エドとイアン(エリーシャのホームスティ先のゲイカップル)が夏祭りに行く回です。お祭りや花火の楽しさ儚さをもっとも正しい形にまとめたような、お手本のようなエピソード。私はお祭り・花火といった安易な思い出づくりが苦手なのですが、だからこそほのかに感情移入できて、泣いてしまいます。(泣きすぎ)(7巻収録)

2位 第22話『ほのか 殻を破られる』

エリーシャの絵がうますぎるのを目の当たりにして傷つくほのか。まっすぐに「すごい!」って言えないんだよね。わかるよ。(2巻収録)

3位 第45話『ともだちになって!』

BL漫画『秀吉☆利休の肉食系ティータイム』を制作ちゅうのほのエリ。ばい菌あつかいされたり、オタクと呼ばれて慳貪なあつかいを受けていたほのかが、エリーシャとのかかわりによってまた一皮むける瞬間を描いています。よかったね、ほのか!(号泣)(4巻収録)

 

茉莉と優

 

 茉莉

左の子です。小麦肌です。単行本の紹介欄には「勝気な言動の誘い受けドM」と専門用語っぽいかんじで紹介されていますが、そんなに勝気ではない気がします。どっちかといえば、優し~い子です。陸上部で、あーちゃんの後輩でもあります。

わがままなドSです。私が思うに、茉莉は計算ドMなんだけど、優は天然ドSなんです。おそらくこの2人は、かなり幼少の頃から友だち同士だったのではないかと思われます。そして優ちゃん、とにかく、かわゆい。美人。ぷりちぃ。

 

1位 第44話『ファミレスSM後編』

ファミレスでエロいSMをします。全エピソードの中で1番くらいエロいい話。これがわたしの1位だよ。(3巻収録)

2位 第103話『聖SMバレンタイン』

手作りお菓子の得意な優ちゃそ。バレンタインデー当日、茉莉のために頑張りました。しかも保健室でのSMサービス付きです。(8巻収録)

3位 第148回『10回分の愛を!』

「ピザって10回言って!」……いわゆるピザ10のもじりで、「 好きって10回言って!♡」を恥ずかしげもなくやりあうまひまひ。その光景に粟肌立たせる優ですが、ある方法で茉莉に好き10をします。その奥ゆかしい好き10に全オトメ帝国民がスタンディングオベーション。(12巻収録)

 

 まひるとまひろ 

 

まひる

ぷに肉が少しだけあります。垂れ目です。まひろを愛しています。

まひろ 

まひるに比べて少しだけスレンダーです。釣り目です。まひるを愛しています。

 

1位 第19話 まひるとまひろの雲なき空

もうほんと、一点の曇りもないです。この世界には戦争も貧困もありません。行きたい。 (2巻収録)

 2位 第159話 まひるとまひろのナイトプール

自宅のバスタブでナイトプールに挑戦するまひまひ。2人の顔つき、体つきの区別をしたくなったら見るべき回です。(13巻収録)

(3位はこんど書くね!むっしゃあ!)

 

 

のののん先輩とゆみみ

 

 

 のののん先輩

オトメメンバーの中でもっとも胸とお尻がおおきく、肉感的です。豊満です。高校生にしてかたせ梨乃のような包容力があります。結婚するなら絶対のののんです。お母さんになってほしいです。家にいてほしいです。えーん

ゆみみ

ディベート部のはずなんですが、体育が得意そうな体つきをしています。バリタチという噂があります。

 

 1位 第146話『ウエストの攻防』

お正月太りに悩むのののん先輩ですが、ゆみみに「ウエスト見せて!」と言われて拒みきれません(かわいい)。ぼよんぼよんのウエストを、嫌いになるどころか性的な目で見ているらしきゆみみ、全国のウエスト太りに悩む女の子をホッとさせるエピソードです。のののん先輩のお尻も見られて一石二鳥です。

2位 第96話『ドキドキ2shot!』

ゆみみと部室で2人きりになった先輩(かわいい)。ゆみみにせがまれてHカップの胸を披露します。ゆみみの攻め方がたいへんえろいです。隠された共通点も発覚し、2人の距離がぐぐぐと縮まった回でした。ゆみみみたいな人には気をつけないとね。

3位 第109話『じゃあね 先輩!』

年下から馬鹿にされるのが好きな私です。きゅいんきゅいんしました。 ゆみみみたいな人にはまじで気をつけないと…。 

 

奈々沢さんと小野田ちゃん

オトメの帝国 9 (ヤングジャンプコミックス)

オトメの帝国 9 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 小野田ちゃん

みつあみの委員長。生徒会、吹奏楽部などさまざまな活動をかけもちしてやっています。さらに受験勉強にも燃えている、熱いキャラです。

奈々沢さん

ふわふわの髪の毛とかわゆい着こなし。それでいてお勉強ができる女の子。成績は学年1位です。天は二物を与えまくりのすけです。

 

1位 第24話~28話『皆で海へ!』

海の回は、個人的に小野田ちゃん回だと思っています。他のオトメメンバーの良さもわかるし、最強ですね。奈々沢さんは未登場でした。(2巻収録)

2位 第55話『小野田さん荒れ始める』(4巻収録)→ 第127話『三脚のアレと夕陽』(10巻収録)

テスト結果が学年35位に落ちてしまった小野田ちゃん。ゆるふわ美人の奈々沢さんが学年1位を取ったと知ってしまい、般若になります。しかし、その奈々沢さんが性格まで美人だということを知って、自己嫌悪でよけいに落ち込みます。そこまでが第55話。そのあと、2人はドーナツをきっかけに話すようになり、第127話ではお互いに尊敬しあえるベストフレンド同士になって……ぐ…涙でてきた…。

3位 第59話『走れ走れ小野田さん』

成績が芳しくなく落ち込んでいる小野田さんを美好たちがそっと支える回。泣けます。(私の涙の価値が大暴落している…)

 

 

 かおる先輩とマスク先輩 

 

かおる先輩

ほのかのお姉ちゃん。プレイガールで、でも極端に繊細なところもある。けっこう、ステレオタイプの感じがします。スカートを折らずに切っているところ、ガーターベルトをつけているところ(第42話)、水着のデザイン(第68話)など、美意識が高いです。

マスク先輩

 大仏×阿修羅BLを絶賛制作中の漫画研究部員です。歯列矯正を隠すためなのか、マスクをしています。かおる先輩からモーションをかけられてもなびかなかった、ほとんど唯一無二の女の子です。裕福な家庭の子なのか、高級なデスクチェアを使用しています。

 

こちらは時系列順に並べたほうがわかりやすいかと思います。

第113話『漫研のBL合宿』(9巻収録)

ほのかの家でBL風呂(?)をたしなむ漫画研究部員のマスク先輩、鬼火先輩、みどりり。そこへ、ほのかの姉であるかおる先輩が帰宅します。マスク先輩の素顔があらわになる初シーンです。かおるのプレイガールスイッチをオンにしたマスク先輩の美しさにどきどき。神回である第127回を楽しむために読んでおきたい回です。 

第122話『図書室の戦い!』(9巻収録)

図書室で、いつものように女を口説いて回っている、かおる先輩。マスク先輩を見かけてキスを仕掛けますが、拒絶されてしまう…というエピソード。衝撃を受けた読者が多かったようです。

第132話『かおるリベンジ』(10巻収録)

かおるのマスク先輩への気持ちが、遊びから恋に変わる、その瞬間を描いています。

 

 みどりりと響木 

 

みどりり

メガネをかけてるコロボックルです。Dカップでノーブラ。漫画研究部の1年生で、先輩たちにいつも心配されています。かわいいだけでなく、周囲に迎合せず好きなものを貫き通す姿がかっこいい、そんなキャラでもあります

響木(ひびき)

オトメで唯一、彼氏がいたキャラクターです。バイセクシャル(または、ちやほやされるのが好きなヘテロ)で恋愛脳。みどりりとは対照的なキャラクターです。

 

1位 第119話『モデルと絵師』

絵師を名乗るわりに絵が下手すぎるみどりり。漫研の先輩たちは褒めてくれるけれど、響木は甘くありません。アドバイスを受けて絵に取り組む、みどりりの真剣な目にドキッとさせられます。2人それぞれの未来を思ってジーンとしてしまう回です。(9巻衆力)

2位 第145話『生徒会in the snow』

中庭に積もった雪を見て、無邪気に雪遊びするみどりりを連想した響木。いつもは積もった雪なんてスルーだけど、架空のみどりりを見習って飛び込みます。生徒会メンバーである奈緒ちゃんや小野田さんを巻き込んだこのエピソードは、ゆるやかに、でも烈しく変化成長する青春時代を見事に切り取っています。(11巻収録)

3位 第172話『あっ!吸い込まれた!』

 異世界で男性性器を探すという狂ったBL本『欲しがれ!欲望戦士ナオト!』から、かわいい女の子2人のお話への激烈な転調…。このエピソードでみどりりを好きになったというコメントも散見されました。なんかいろいろとすごいです。(13巻収録)

(第108話の喧嘩回もええでー!) 

 

 奈緒ちゃんと鬼火先輩 

 

奈緒ちゃん

性的行為でストレス発散するタイプの真面目ガールです。野外露出にチャレンジするなど、このままでは孤高のエロを極めてしまいそうです。

 第35話『奈緒の素敵な元旦』

エロ番組をワンセグで見るため電波集めにまい進する奈緒ちゃん。わかるよ。わいも子供のころ頑張ってイカ天みてたよ。イカ天であってるよね?

第123回『恐怖の聖なる時間帯』

12月24日は一年で最も性的な時間だそうで、怯える奈緒ちゃん。なんでやねんねんねん!

 

鬼火先輩 

第147回(12巻収録)で、ついにその美しすぎる素顔を見せた漫画研究部の部長、鬼火先輩。別名、擬人化の鬼。まだ絡みはじめたばかりのこの2人。第150話では、ついに奈緒ちゃんの変態行為が鬼火先輩にバレてしまいます。これからが楽しみで仕方がないですな。

 

おわりに

いびつな部分があって申し訳ないです。追記に追記をかさね、このエントリをオトメの帝国帝国にするのが夢です。スーパーぷにぷに!!!!!

 

 

オトメの帝国 13 (ヤングジャンプコミックス)

オトメの帝国 13 (ヤングジャンプコミックス)

 

 最新刊↑