感想

くらげなす漂うアメリカンアパレル

『パルチザン伝説』ー桐山襲

みなさま、こんにちは。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 ライターのりょうごくらむだです。 パルチザン伝説 作者:桐山 襲 発売日: 2017/08/18 メディア: 単行本 テロ小説を一本紹介しようかなと思いつきました。 『パルチザン伝説』とい…

三木三奈『アキちゃん』

ご無沙汰しております、りょうごくらむだです。 本日は三木三奈さんのデビュー作『アキちゃん』を読んでいきませう。 こちら、デビュー一発目でいきなり!芥川賞にノミネートされております。 それくらい面白い作品ちゅうことです。 文學界 (2020年5月号) 発…

ネットで批判するときはまず「自分は間違っているかもしれない」と思うべし…

こんにちはりょうごくらむだです・・・ 昨日からの恐ろしいニュースに涙が止まらない。22歳。猫ちゃんもいて。あぁああああ!!!! テラハは見たことない。(クロちゃんのモンスターハウスでなんとなく雰囲気は知ってるつもりでいるくらい。) 見たことない…

バイリンガールちかさんの炎上でキットチャンネル炎上を思い出した

おはようございます、ライターのりょうごくらむだです。 さっそくですがユーチューバーのバイリンガールちかさんが炎上中です。 2020年4月4日にアップされた「色々とお知らせ!(♯887)」という動画において炎上が発生。 流れ: 1:動画の内容 マレーシア、…

卵巣チョコレート嚢胞(子宮内膜症)と子宮筋腫の手術をしたYO

6泊7日入院で手術してまいりました!卵巣チョコレート嚢胞と子宮筋腫(4センチ)の手術でございます。 手術しなきゃかも・・ってことを告げられたとき、悩みに悩みまして、たくさんの方のブログを参考にさせていただき、とても心強かったので、わたしも経験…

かっこいい車と迷いのない人生

こんにちは。ライターのりょうごくです。今日はリチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』から多大なる慰めを頂戴しましょう。ドーキンスによれば、人間は遺伝子を乗せた乗り物です。ぶーんぶーん。ぶーんぶーん(私のなかで物議をかもした小倉優子のCM) 利…

kemioの本『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』は、全ページにツキが宿る良書

ウチら棺桶まで永遠のランウェイ 作者: kemio 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/04/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こんにちは、ライターのりょうごくらむだです。今回はYouTubeで人気を博したアメリカ在住のアーティストkemioさん…

cocoちゃんの東京

銀杏BOYZの「東京」が、youtuberのcocoちゃん(hotco co.a)のVlogタイトルになってたよ。出会えた喜びはいつも一瞬なのに、どうして別れの悲しみは永遠なの。ギターの弦を変えてすぐ歌いだしたcocoちゃんの東京、なんだか涙がでたよ。いろんなことを思い出…

わがしchannel♡祝1万人/1999年『スプートニクの恋人』

わがしchannelさんチャンネル登録者数1万人!おめでたい~!(><。) このまますぐ3万、5万といわず10万人いくと思います。 そして彼女たちは日本を変えると、私、確信しております。 (Twitterのファンアート描いてるかたの絵がめちゃいいんよね~。きっ…

彼女には「好き」と言えなかった話

こんにちは、ライターのりょうごくらむだです。 さいきん彼女のことばかり考えてもやもやしてしまうので、自分の気持ちを整理するためにもいろいろと書き残しておこうかなとおもふのです。ただ、自意識過剰大洪水な私は、じぶんの書いた文章を読んで、あああ…

森鴎外『普請中』ストーリーと解説と感想

こんにぴわ。ぷるぷる文筆家のりょうごくらむだです。 今日は森鴎外『普請中』について書きますです。初出は1910年6月(明治43年)「三田文学」ですね。日露戦争の5年後、韓国併合したころに書かれています。梶井基次郎がこのとき9歳かぁ~。ちなみに2年後に…

わがしchannel と、自分語り(をいやがるひとの生き/息苦しみ)

YouTubeのはなしです。最近さ、「わがしchannel」というカップルチャンネルにすごくすごくブログのテーマにするくらいはまっているの。もうやばいの中毒なの。(なんか依存症という表現に置き換わって以来、「中毒」という言葉が可愛くみえてくるから不思議…

青のフラッグ41話と同性愛嫌悪と簡単LGBTQ用語

さっき青のフラッグ41話を読み終えた。トーマの笑顔がかなしくて星空がきれいでいろいろな思い出がよみがえってきて号泣してた。 作者さんの表現力すごいわ。 いままで物語内でほのめかしは多々あったものの明言はされていなかったトーマの恋心であるが、青…

青のフラッグ39話、40話の感想を述べ、コメ欄のほんの一部をあたかも全体であるかのように扱い文句をいうエントリ

コメント欄熟読おばさん(再度) 青のフラッグ41話が更新されるのは2月13日ギャレンタインデーの日だった今日じゃないそれはまちがいない。 というわけで朝からホットケーキ(パンケーキたべたいパンケーキたべたいパンケーキたべた芸人はKUSAI♡)焼きつ食べ…

設定を更新したよ!あとテニスン

かわいいぷるぷる海のブログになった。コメントも書けるようにしたのだっ。そして…書評ブログではなくただの日記になったようだ。2018年11月23日。 ホームランドという、テロリストとCIAが不倫するドラマあるやん。アメリカ軍人むきむき男性が、戦地で監…

『地球星人』村田沙耶香

芥川賞作家 村田沙耶香『地球星人』 今日は村田沙耶香の新作『地球星人』の感想を書きたいと思います。アマゾンアソシエイトに参加しています。 あらすじ 感想(ネタバレ注意) あらすじ 小学六年生の夏に性暴力を受けて、奈月の身体は故障した。母と姉に虐…

平成最後の恋――『泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。』

『泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。』あらすじと5つのみどころ おはようございます。猫と一緒に昼寝っぽ。りょうごくらむだです。 さきほど、郵便受けに『ボコ恋』こと『泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました』2巻(ぺス山ポピー著/新潮社…

ホイッスルーー第159回芥川賞受賞『送り火』論

はろーはろーはろーん。ミニストップな季節ですなぁ。 どうもぷにぷにライターのらむだりょうごくです。 以前のエントリで第159回芥川賞受賞作品『送り火』(高橋弘希著)について感想をかきました。↓ 第159回芥川賞受賞『送り火』高橋弘希 - 感想 が、なん…

キットチャンネルがガチ炎上の様相を呈してきたので愛を込めて

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) 作者: M・スコット・ペック,森英明 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2011/08/05 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (13件) を見る 追記です。ことの経緯を簡単…

第159回芥川賞受賞『送り火』高橋弘希

文學界2018年5月号初出の高橋弘希著『送り火』が、第159回芥川龍之介賞を受賞したそうです。おめれ~と~! 『送り火』あらすじ 東京都内から津軽地方へ引越し、廃校直前の中学校に転入した中学3年生の歩(あゆむ)。新しい中学校は3学年合わせて生徒12人の…

オトメの帝国

こんにちは。ぷにぷにライターのりょうごくらむだです。 本日はジャンプ+で連載中の岸虎次郎『オトメの帝国』(隔週水曜日更新)を紹介するよ。 『オトメの帝国』は百合コメディで青春群像劇 オトメの帝国キャラクター紹介 美好と綾乃 1位 第53話『綾乃はご…

キットチャンネルのコメント欄に女神たちが降臨している

昨夜はyoutubeのキットチャンネルのコメント欄が面白すぎて眠れなかった。以前のエントリで、キットチャンネルのファンにはシスジェンダー女性が多い、その大部分は彼らをクリエイターとしてではなく男性アイドルとして消費しているのではないか、などと書い…

気圧鬱で3日間キットチャンネルに恋してた話

この3日間、私はベッドから出られず、人のLINEも受け付けず、メールも返さずにいた。どうしても書かねばならぬ文章だけちょこちょこと書いて、あとはタオルケットにくるまってiPhoneを手にただじっとYouTubeを見ていた。 YouTubeのおすすめ動画にキットチャ…

三島由紀夫賞受賞きねん。古谷田奈月『橙子』

文学ムック たべるのがおそい vol.4 作者: 木下古栗,古谷田奈月,町田康,宮内悠介,澤田瞳子,谷崎由依,山崎まどか,山田航,辻山良雄,都甲幸治,皆川博子,伊舎堂仁,國森晴野,染野太朗,野口あや子,アルフォンス・アレー,マルセル・シュオッブ,マルセル・ベアリュ,…

ムーン・パレス

ムーン・パレス ムーン・パレス (新潮文庫) 作者: ポール・オースター,Paul Auster,柴田元幸 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1997/09/30 メディア: 文庫 購入: 20人 クリック: 334回 この商品を含むブログ (213件) を見る ポール・オースター著 柴田元幸訳…

言葉無き言葉『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』ザ・ヴァージン・スーサイズ

『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』ジェフリー・ユージェニデス著 早川書房 ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹 (ハヤカワepi文庫) 作者: ジェフリーユージェニデス,Jeffrey Eugenides,佐々田雅子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2001/06/01 メデ…

好きな人みんながデヴィ発言を支持したら

試着室で盗撮、真夜中の歩道で痴漢、知人宅で強制わいせつ 数か月前、アパレルショップの試着室で盗撮された。試着室の全身鏡には、下着姿の私とともに、カーテンの隙間をスーッと横切るスマホカメラが映っていた。動画だ。 一度ではなかった、2度目、3度目…

アレクサだって意味付け待ち

大学4年生のころ、大切にしていたものがいっぺんに消えた。こども時代から親しんでいたファミリーカーが廃車になった。7歳から飼っていた犬のチロが失踪した。母親が彼氏のアパートに移り住んだ。祖父の運営する畜産場が潰れた。 自分の人生が物語めいて見え…

『ずっとお城で暮らしてる』

『ずっとお城で暮らしてる』シャーリイ・ジャクスン 創元推理文庫 (原題)『We have always live in castle』は、1962年刊行。 日本では1994年に学習研究社が刊行、2007年に創元推理文庫から新訳が出ている。 ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫) 作者: …